夢を現実に変える学科|アメリカで誕生した心理学の一つ|nlpとは何なのか
婦人

アメリカで誕生した心理学の一つ|nlpとは何なのか

夢を現実に変える学科

スイーツ

パティシエへの最短コース

将来就きたい職業のために専門的なことを学ぶ方法として、高校で専門科に通うという方法があります。やはり最終学歴として高校卒業資格は欲しいけれど、少しでも早く資格も取得したいといった人には人気があります。製菓衛生士を養成する高校も人気で、高校在学中に製菓衛生士の国家資格を取得することも可能です。パティシエになりたいという夢を持っていても、実はこの歯科衛生士の国家資格を持っていなければ、世間でなかなか認められることはありません。夢に向かって一番の近道になるのが高校の製菓学科へ通うことだともいえるのです。受験資格には、養成施設にて必要な知識を習得しているか、一定期間の実務経験がなければ受験することが出来ません。製菓高校では、3年間の通学期間のうち2年でこの資格を得ることが出来、3年生になれば国家資格へチャレンジすることが出来るのです。

職業として総合的に学ぶ

製菓を学ぶというと、美味しいお菓子作りを学ぶと考えがちですが、実はそれだけではありません。もちろんお菓子作りの基礎からのスタートになりますが、それと並行して製菓理論といった科学的な知識も身に着けていきます。なぜ美味しくなるのかを論理的なアプローチから修得していくのです。また実習に含まれる校外学習では実際の店舗でプロの現場を体験できたり、学校内で生徒自らが店を経営し、仕入れ・製造・ラッピング・販売まで行う学校もあります。製菓を専門的に学ぶというのは、ただ美味しいお菓子を作るという事だけでなく、将来の職業につなげていくという総合的な観点から学ぶことなのです。製菓や調理の世界では、学歴よりも実力が重視されます。高校卒業と同時に実践力となって製菓の世界へ飛び込める製菓高校の選択は、夢の力強い後押しにもなるのです。